文字サイズ
※翻訳が不十分な場合もございます。
ご了承下さい。
大学概要

大学概要

学長挨拶

学長 岡田秀二

学長 岡田秀二

 富士大学は今、大きく変わりつつあります。
 これまでは、スポーツに強い大学としてのイメージが先行し、教育内容や大学と地域との関わり等については、あまり知られておりませんでした。しかし、昨年からは、「地域定住人材の育成」を目標に、教育内容を変え、地域課題の解決を地域と共に考え・実践する取り組みを始めたことから、「地域の持続・発展に貢献する大学」としても期待され、評価を受けるようになっています。
 その背景には、地域の人口減少、地域産業の衰退、そして地域消滅の危機ということがあります。そうした中で、地方にある大学は、当該地域の持続的発展と共にあるべき、との大学使命の再考を行い、そこを基軸に新たな大学づくりに着手したのです。スポーツ振興についても改めて多様なチャンネルを用意し、地域に貢献することにしています。
 富士大学は、宮沢賢治がイーハトーブ(理想郷)と名づけた岩手県花巻市にある経済学部一学部と経済・経営システム研究科からなる小規模大学ですが、地域貢献大学の内容づくりにおいては、小規模であるがゆえに特徴的・個性的展開を遂げることができています。「地域創生論」や「起業家育成・ファイナンス論」等をいち早く用意するとともに、すべての科目において、それぞれの学問が、地域課題と環境問題にどのように適用・対処できるのかを教授することにしています。大学院においても改革を行い、セメスター制の導入や、社会人のリカレント教育の要請や地域住民の新しい時代に向けた知識獲得の機会の充実を図っているところです。
 さらに具体的地域課題への解決に向けては、図書館、異文化交流センター、地域経済文化研究所、福祉・ボランティア研究センター、スポーツ振興アカデミー、地域連携推進センターを窓口として、活動内容の拡大を図り、新組織を立ち上げ、地域の必要と要請に応えられるよう体制を整えました。富士大学は地域にあって地域と共に歩み、「知」(知識・情報)と「地」(自然・文化)と「治」(調整・プラットフォーム形成)の拠点となるべく変貌しつつあるのです。
 勿論、これまで特徴を持ち成果を上げてきた教育・研究方法については、堅持し一層の充実を図っています。すなわち、1年次の初年次教育、基礎学力養成等を目的とする少人数の教養ゼミ制度、3・4年次においても学べる実践力を備えた就業力を磨くキャリア教育、さらには公務員ゼミ、教員を目指す教員ゼミ、税理士ゼミ等です。その結果、これまでも実就職率において東北・北海道地域の経済系私立大学の1位にランクされています。
 富士大学は地域の自治体や高校とも協定を結び、相互に協力することで、「地域定住人材育成プログラム」とスポーツを通じた人材育成を実現し、地域が持続的で、地域に住まう人々が幸せになることを願っています。高校生諸君の本学での学びを心より歓迎いたします。
油絵