文字サイズ
※翻訳が不十分な場合もございます。
ご了承下さい。
大学院

大学院

教員紹介


尾畑 裕 Hiroshi OBATA

尾畑 裕 Hiroshi OBATA

●生年
1958年生まれ
●担当科目
管理会計特論
●学歴
1982年3月,一橋大学商学部卒業.1984年3月,一橋大学大学院商学研究科修士課程修了.
1987年3月,同大学院商学研究科博士課程単位修得.
 2000年11月,博士(商学:一橋大学).
●職歴
1987年4月,一橋大学商学部専任講師.1991年4月,一橋大学商学部助教授.1999年5月,一橋大学商学部教授.2000年4月,一橋大学大学院商学研究科教授に配置換え,
現在に至る.
●その他履歴等
2005年4月-2007年3月,教育研究評議員.
2005年2月-2009年3月,総合情報処理センター長.
2009年4月-2011年3月,情報化統括責任者補佐. 
●研究業績
『ドイツ原価理論学説史』中央経済社,2000年(単著).
『管理会計』第2版,中央経済社,2009年(共著).
〈主要論文〉
「原価計算論の再構築-ドイツにおける原価理論・原価計算・コントローリングの発展に学ぶ-」曾計 第149巻4号(1996年4月),491-504(単著).
「原価・収益計算の提供する計算プロセス情報・非財務情報- -XMLベースの原価・収益計算の可能性」曾計 第173巻第6号(2008年6月),843-854(単著).
「原価計算:過去から未来へ」経理研究(中央大学経理研究所)第54巻(2011年2月),180-190(単著).
●その他
日本会計研究学会 学会賞受賞(1996年).
日本会計研究学会太田黒澤賞受賞(2000年).
日本原価計算研究学会 学会賞受賞(2000年).
公認会計士試験委員(2005年12月から2010年2月).
電気通信事業紛争処理委員会委員(2007年11月~)防衛調達審議会委員(2011年1月~).

軽部 大 Masaru KARUBE

軽部 大 Masaru KARUBE

●生年
1969年生まれ
●担当科目
経営戦略特論
●学歴
1993年,一橋大学商学部卒業.
1995年,一橋大学院商学研究科修士課程修了.修士(商学).
1998年,一橋大学大学院商学研究科博士課程修了.
1998年,博士(商学)(一橋大学).
●職歴
1998年4月~2001年3月,東京経済大学経営学部講師.
2002年4月~2007年3月,一橋大学イノベーション研究センター助教授.
2006年7月~2007年12月,The Wharton School, University of Pennsylvania-フルバライト客員研究員.
2007年4月~2014年4月,一橋大学イノベーション研究センター教授.
●研究業績
第55回(2012年)日経・経済図書文化賞2012年11月(武石彰・青島矢一との共著『イノベーションの理由-資源動員の創造的正当化-』有斐閣).
2003年度組織学会高宮賞(論文部門)2003年6月(「日米HPC産業における2つの性能進化一企業の資源蓄積と競争環境との相互依存関係が性能進化に与える影響-」).
1998年度組織学会高宮賞(論文部門)1998年6月(「日米半導体産業における制度と企業戦略:資源投入の2極分化の可能性について」).
『イノベーションの理由- -資源動員の創造的正当化』有斐閣,2012年3月.(武石彰,青島矢一との共著).
Reasons for Innovation:Legitimizing Resource Mobilization for Innovation in the Cases of the Okochi Memorial Prize Winners(Akira Takeshi and Yaichi Aoshima)Itami,Hiroyuki,kenkusunoki,Tsuyoshi Numagami and Akira Takeishi,eds.,Dynamics of knowledge,corporate System and Innovation Berlin Heidelberg:Springer,pp.165-190.,2010.(Itami,Hiroyuki,Ken Kusunoki,Tsuyoshi Numagami and Akira Takeishiとの共著)Organizational Deadweight and Internal Functioning of japanese Flrms:An Explorative Analysis of Organizational Dysfunction(With Toshihiko Kato and Tsuyoshi Numagani)Itami,Hiroyuki,ken kusunoki,Tsuyoshi Numagami and Akira Takeishi,eds.,Dynamics of knowledge,Corporate System and Innovation Berlin Heidelberg:Springer,pp.125-164.,2010.(Toshihiko Kato and Tsuyoshi Numagamiとの共著)


佐々木 隆志 Takashi SASAKI

佐々木 隆志 Takashi SASAKI

●生年
1961年生まれ
●担当科目
簿記原理特論
●学歴
1986年3月,慶應義塾大学商学部卒業.
1988年3月,一橋大学大学院商学研究科修士課程修了.
1991年3月,一橋大学大学院商学研究科博士課程単位修得退学.
2003年2月,博士(商学:一橋大学).
●職歴
1991年4月,広島大学経済学部専任講師.
広島大学経済学部助教授,一橋大学商学部助教授を経て
2003年4月,一橋大学大学院商学研究科教授.
現在に至る.
2003年度,2005年度,2009-2010年度,2012年度,2015-2016年度,富士大学大学院経済・経営システム研究科非常勤講師.
●研究業績

<主な著書>
『会計学研究』(共著)中央経済社,1993年.
『会計学・簿記入門』(共著)白桃書房,1996年.
『会計学説と会計数値の意味』(共著)森山書店,1998年.
『簿記と企業会計の新展開』(共著)中央経済社,2000年.
『監査・会計構造の研究―通時態の監査論―』(単著)森山書店,2002年.
『新世紀の先物市場』(共著)東洋経済新報社,2002年.
『大学院学生と学部卒業論文テーマ設定のための財務会計論・簿記論入門』(共著),白桃書房,2002年.
『会計数値の形成と財務情報』(共編著),白桃書房,2005年.
『全経簿記上級―商業簿記・会計学テキスト』(共著),2007年.
『会計学・簿記入門[第12版]』(共著),白桃書房,2014年.
『財務会計論究』(共編著),森山書店,2015年.

新田 忠誓 Tadachika NITTA

新田 忠誓 Tadachika NITTA

●生年
1944年生まれ
●担当科目
簿記原理特論
●学歴
1967年3月,福島大学経済学部卒業.
1974年3月,一橋大学大学院商学研究科修士課程修了.
1977年3月,一橋大学大学院商学研究科博士課程単位修得.
1987年12月,商学博士(一橋大学).
●職歴
神奈川大学経済学部専任講師・助教授.
慶応義塾大学商学部助教授・教授.
一橋大学商学部教授.
2000年4月一橋大学大学院商学研究科教授.
2008年4月,一橋大学名誉教授,帝京大学大学院経済学研究科教授.
2009年4月,埼玉学園大学経営学部教授(経営学部長).
2015年3月,帝京大学経済学部教授,退職.
2003年度,2006年度,2007年度,2008年度,富士大学大学院経済・経営システム研究科非常勤講師
●研究業績
<主な著書(編共著を含む>
『動的貸借対照表原理』国元書房,1987年.
『財務諸表論究』中央経済社,1995年(第2版,1999年).
『動的貸借対照表論の原理と展開』白桃書房,1995年.
『会計数値の形成と財務情報』白桃書房,2005年.
『会計学・簿記入門』白桃書房,1997年(2011年,第10版).
『エッセンス簿記会計』森山書店,2004年(2011年,第7版).
『会計学大辞典第5版』(安藤、新田、伊藤、廣本編著)中央経済社,2007年
●その他
日本会計研究学会学会賞受賞,日本会計研究学会太田賞受賞,日本公認会計士協会学術賞受賞.
公認会計士第二次試験・試験委員,公認会計士第三試験・試験委員、不動産鑑定士第二試験・試験委員など歴任.現在,財務会計研究学会会長,日本簿記学会会長,日本簿記学会理事,全国商業高等学校協会会計事務検定運営委員,全国経理教育協会簿記上級試験審査委員.

山重 慎二 Shinji YAMASHIGE

山重 慎二 Shinji YAMASHIGE

●生年
1962年生まれ
●担当科目
財政学特論
●学歴
1985年3月, 一橋大学経済学部卒業. 
1992年, ジョンズ・ホプキンス大学経済学研究科博士課程修了. 
1992年, 博士(経済学) ジョンズ・ホプキンス大学.
●職歴
1992年7月, トロント大学経済学部助教授. 
1996年7月, 一橋大学経済学部専任講師.
1998年5月, 一橋大学大学院経済学研究科助教授. 
2007年4月, 一橋大学大学院経済学研究科准教授. 
2002年4月, ハーバード法科大学院客員研究員.
2005年4月, 一橋大学国際・公共政策大学院(兼専). 
2015年04月~ 一橋大学経済学研究科 教授 
2015年04月~ 一橋大学国際・公共政策研究部 教授
現在に至る. 
●その他
1.第56回日経・経済図書文化賞 2013年11月
2.第33回交通図書賞 2008年04月
●研究業績
<主な著書>
『家族と社会の経済分析一日本社会の変容と政策的対応』(単著)東京出版会, 2013年. 
『日本の交通ネットワーク』(大和総研経営戦略研究所と共著)中央経済社, 2007年. 
『入門ミクロ経済学』(第6章「公共経済」218-258頁)(武隈慎一編著, 金子浩一, 他3名と共著)ダイヤモンド社, 2005年. 
『昭和財政史第4巻租税』(147-622頁)(田近栄治, 共著)東洋経済新報社, 2003年. 
『昭和財政史第9巻資科(2)』(147-622頁)(田近栄治, 釜江広志共編著)東洋経済新報社, 2003年. 
Large Games and Large Economies with lncomplete lnformation」 UMI Dissertation Services, A Bell&Howell Company (Ph.D.Dissertation), 1992年.

村田 和彦 Kazuhiko MURATA 

村田 和彦 Kazuhiko MURATA 

●生年
1945年生まれ
●担当科目
経営学特論
●学歴
1968年3月,山口大学経済学部卒業。1970年3月,一橋大学大学院商学研究科修士課程修了,1973年3月,一橋大学大学院商学研究科博士課程単位修得退学。1978年,商学博士(一橋大学).
●職歴
一橋大学商学部専任講師・助教授.
1985年4月,一橋大学商学部教授.
2000年4月一橋大学大学院商学研究科教授.
2009年3月,一橋大学定年退職.
2009年4月,一橋大学名誉教授,
日本大学経済学部教授.
現在に至る.
2003年度,2004年度,2005年度,2007年度,富士大学大学院経済・経営システム研究科非常勤講師.
●研究業績
<主な著書>
『労働人間化の経営学』(単著)千倉書房,1983年.
『労資共同決定の経営学(増補版)』(単著)千倉書房,1987年.
『生産合理化の経営学』(単著)千倉書房,1993年.
『市場創造の経営学』(単著)千倉書房,1999年.
(経営学史学会編)「経営学における人間問題の理論的変遷と未来展望」『経営学百年』(共著)文真堂,2000年.
『企業支配の経営学』(単著)中央経済社,2006年.
『経営学原理』(単著)中央経済社,2006年.

教員紹介