文字サイズ
※翻訳が不十分な場合もございます。
ご了承下さい。
学部・学科/大学院

学部・学科/大学院

教職課程

取得免許

本学では、中学校・高等学校の教員をめざす学生のために、教職課程を設けています。

オリエンテーション
取得する免許状に必要な科目を計画的に学び、教育者にふさわしい能力を身につけられるようにカリキュラムを編成。教育の基礎理論、科目ごとの指導法、生徒指導の方法などを学び、教育実習を通して実践的な知識と技術を養います。
経済学部で取得できる教員免許
経済学科経営法学科経営情報学科
●中学校教諭一種免許状(社会)
●高等学校教諭一種免許状(商業)●高等学校教諭一種免許状(情報)
●高等学校教諭一種免許状(地歴・公民)●中学校教諭一種免許状、高等学校教諭一種免許状(保健体育)

免許取得までのアウトライン

年次ガイダンス等
1年次・年度始め履修ガイダンス
・履修登録
・教養科目
・教職に関する科目
・教科に関する科目
・教科または教職に関する科目(介護等演習は中学社会のみ必修)
・教職課程履修料3万円納入
2年次・介護等体験ガイダンス<12月>
3年次・介護等体験
4年次・教育実習事前ガイダンス<4月実施予定>
・教育実習費2万円の納入
・教育実習関係書類提出
・教育実習
・教育実習記録集原稿提出
・免許状申請ガイダンス<12月・1月の2回実施予定>
・免許状一括申請<2月下旬>

ピックアップレクチャー

[教職科目] 菊池 豊教授

菊池 豊教授
教職課程とは、教員免許状を取得するために「教育職員免許法」に定められた単位を修得する課程です。
教師を志す人は、これまでの学校教育の経験からそれなりの教師像を抱いているものですが、教職課程を履修していく中で改めて教師の職責の重大さを認識することになります。
教育はあくまでも人間と人間の望ましい関係を作っていく仕事であるという自覚のもとに、高邁な理想を掲げ、使命感に燃える教師を目指して、自己の人間形成と教養を身につけるよう精一杯努力してもらいたいと思います。
そのためにも、目的意識をもって授業に臨むことはもちろん、一日一日、価値ある生活を送るようにするとともに、自分の目標をしっかりと定め、多くの師と接し、先輩や学友との交流を積極的に行い、自己の人生観を確立してほしいものです。

[菊池豊教授]
広報部長・平成29年度教職支援センター長。
花巻市東和町出身。
岩手県公立学校教員・教諭(社会科)として採用。岩手県公立高校5校で教鞭を執り、岩手県教育委員会社会教育課「県南青少年の家」研修課長、浄法寺高等学校長・花巻南高等学校長として38年間勤務。岩手県高等学校教育研究会地歴・公民部会会長、岩手県高等学校体育連盟副会長、岩手県社会教育委員、岩手県生涯学習審議会委員などを務める。

○担当科目:教職課程「教育実習(中・高)」、「教職実践演習」、「生涯学習概論」、「現代社会と地域」、「政治・社会制度論」等。

教職課程

教職課程とは、教員免許状を取得するために「教育職員免許法」に定められた単位を修得する課程です。
教師を志す人は、これまでの学校教育の経験からそれなりの教師像を抱いているものですが、教職課程を履修していく中で改めて教師の職責の重大さを認識することになります。
教育はあくまでも人間と人間の望ましい関係を作っていく仕事であるという自覚のもとに、高邁な理想を掲げ、使命感に燃える教師を目指して、自己の人間形成と教養を身につけるよう精一杯努力してもらいたいと思います。
そのためにも、目的意識をもって授業に臨むことはもちろん、一日一日、価値ある生活を送るようにするとともに、自分の目標をしっかりと定め、多くの師と接し、先輩や学友との交流を積極的に行い、自己の人生観を確立してほしいものです。

教育実習

「教育実習」とは、これまでに学んだ教職課程の成果を踏まえて、学校現場で実践することをいいます。教育実習では、「教科指導(授業)」をするだけでなく、生活指導やクラブ指導など学校や教師の仕事を全般的に体験する学習の機会です。そこでは短期間とはいえ生徒の大事な命を預かることでもあり、教師としての自覚と責任が求められます。また、基本的な職務を実践できる能力や適性が試される期間でもあります。
教師という仕事は、とてもやりがいのある仕事です。教育実習期間は、短いですが、そのやりがいに触れることのできる良い機会です。教室に入れば実習生といえども生徒にとって「先生」です。今までの学ぶ側から、教える側へと立場が変わり、生徒の大切な授業を一生懸命担当することで、教師の楽しさや喜びが見えてきます。この実習を通して、教師という仕事のやりがいを実感することができます。
多くの先輩が教育実習を終えて、教師の大変さを理解しつつも、「教師になりたい」という気持ちを一層強く持ち、一回りも、二回りも大きくなり戻ってきます。

[特別支援教育・福祉] 高橋榮幸教授

高橋榮幸教授
小・中学校の教師になるために必修である介護等演習を教えています。資格取得に特化しているので、本学で目指せる中学校の社会、保健体育教員志望者の3年生が主に学んでいます。特別支援や福祉は、視覚・聴覚・知的などの障がいや病弱、高齢者等、対象となる人は様々です。その方々に対する理解の仕方、支援のあり方、コミュニケーションのとり方などを学習した後、特別支援学校で2日間、養護老人ホームや障がい者施設等の福祉施設で5日間の実習を行います。

[高橋榮幸教授]
岩手県東和町出身。
岩手大学教育学部卒業。
担当講義は介護等演習、社会保障論、共生社会論、現代福祉と環境、公的扶助。
研究テーマは「ユニバーサルデザイン」。教養演習でも教鞭を取る。

実感を伴う授業で より深く理解する

特別支援教育・福祉
授業では、白杖を使ったり、車椅子に乗ったりと、いろいろな道具を使って障がい者や高齢者の疑似体験をします。自分の体を通してどう感じたか、どう支援されたいかを考えることは大切で、机上では学べない意義深いものだと考えます。
障がいの違いや、人それぞれの個性によってサポートの方法は変わってきますが、支援する相手の気持ちを尊重し寄り添い、安全に気を配る…学生たちには、そんな支援ができるようになってくれることを望みます。