文字サイズ
※翻訳が不十分な場合もございます。
ご了承下さい。

富士大学公開授業「宮沢賢治から考える」

本学と花巻市で主催している全国高校生童話大賞が第20回の開催を迎えることとなり、記念事業の一環として開講しました。

「宮沢賢治から考える」の授業を、地域の皆様に開放します。
【2021年度の一般公開は中止となります】
新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、外部の方への公開を中止することといたしました。
※講義の様子を花巻ケーブルテレビで放送します。(放送日時:水曜日午後3時・10時)
※高校生向けの配信は6~9月頃を予定。決まり次第お知らせします。
講義について
[講義の概要]
 本講義は、花巻に生まれ、その生涯の殆どを郷土花巻で過ごした国民的童話作家で詩人、農芸科学者、教育者である「宮沢賢治」を通して、人間の生き方に対する根源的なテーマを多様な観点から総合的に考察するものです。彼の多くの作品には、「いかに人生に意味を持たせることができるか」「他社と強調して生きていくには何が必要か」「自然と共存していくためには何をなすべきか」という根源的なテーマが込められています。自然、協調、共生、環境や人権など、豊かな空想性とユーモア、宗教性、土着性、科学的精神などが交差する世界を描き出しています。このような多彩な観点から宮沢賢治学として国内外で広く研究がなされています。こうした研究成果とともに宮沢賢治の顕彰を通した市民参加の「まちづくり」など、本学の特色を生かしたオムニバス方式の講座となります。また、公開講座として広く市民に生涯学習の機会を提供するとともに、オンラインを活用して全国の高校生に配信します。

[到達目標]
①宮沢賢治を通して、人間の生き方を多様な観点から総合的に考えることができる。
②宮沢賢治の顕彰を通した市民参加のまちづくりについて、自らの考えをまとめ発表できる。

概要

 
実施日時2021年4月12日~7月19日(月曜日)、5月6日(木曜日)
14時10分~15時40分(4時限目)
会場富士大学 5号館1階 階段教室
実施講義回数全15回
対象本学学生2~4年生

日程および講義内容

諸般の事情により内容が変更になる場合があります。

1.ー基調講話ー「宮沢賢治から考える」
  宮沢賢治記念館 学芸員  牛崎 敏哉 氏 
      4/12
2.「宮沢賢治を育んだ花巻」
  富士大学副学長  中村 良則 氏
  4/19
3.ーわたしの宮沢賢治ー「祖父・清六と賢治さん」 ※高校生向けに動画配信
  林風舎 社長  宮沢 和樹 氏
  4/26
4.「農学校教師時代」
  
宮沢賢治記念会 理事  阿部 彌之 氏 
  5/6(木)
5.「宮沢賢治・半生の悲願と実践活動」   
  
宮沢賢治記念会 評議員  菊池 善男  氏
  5/10
6.「宮沢賢治の詩を読む」
  
NHK盛岡放送局アナウンサー  佐藤 龍文 氏
  5/17
7.「なめとこ山の熊の地を歩いて」 ※高校生向けに動画配信
  森林インストラクター  高橋 修 氏
  5/24
8.「風の又三郎の原風景」 ※高校生向けに動画配信
  早池峰賢治の会 会長  浅沼 利一郎 氏
  5/31
9.「宮沢賢治は音楽に何を求めたか」 ※高校生向けに動画配信
  宮沢賢治学会  泉沢 善雄 氏
  6/7
10.「宮沢賢治と植物」 ※高校生向けに動画配信
  サイエンスコミュニケーター  城守 寛 氏
  6/14
11.「賢治とまちづくりの歩み」  
  賢治まちづくり委員会 委員長  木村 清且 氏
  6/21
12.「観光資源」
  花巻市役所担当
  6/28
13.「地域経済の活性化」
  花巻市役所担当
  7/5
14.「生涯学習とまちづくり」 
  花巻市役所担当
  7/12
15.まとめ「イーハトーブとは?」
  宮沢賢治記念館 学芸員  牛崎 敏哉 氏
  7/19