文字サイズ
※翻訳が不十分な場合もございます。
ご了承下さい。
学生生活

入学案内

修学支援

富士大学は、以下のような修学支援体制を整えています。

奨学金制度

学業成績が優秀でありながら経済的理由により修学が困難な者を対象にした奨学金制度。日本学生支援機構奨学金や富士大学独自のものがあります。

特待生制度

対象は2年生以上で、前年度の成績優秀者について、1年度分の授業料を全額または一部免除する制度です。

富士大学給費生

給費生試験に合格し入学した者に対して、一定の成績要件のもと年額70万円を4年間給費する制度です。

全学年ゼミ制度

すべての学生はいずれかのゼミに所属し、担当となる教員のもとで、修学関係はもとより学生生活全般についてのアドバイスや指導を受けることができます。

オフィスアワー

学生からの質問や相談に応じるために、教員が必ず研究室にいる時間帯を設定しています。

学生相談室

富士大学では、学生生活の諸問題に対処するために、学生相談室を設置しております。

充実した学生生活を送る上で、環境の変化・修学・友人関係などにより、心身的なストレスなどの様々な問題に遭遇することがあります。そのようなとき、一人で悩まず、早期に取り除くことが重要です。そこで、本学では学生相談室を開設しています。気軽に訪ねてきてください。プライバシーは完全に守ります。

開設日時授業のある日は、水曜日を除き毎日開設しています。
担当者・開設時間については学内の掲示をご覧下さい。
開設場所 6号館5階学生相談室(上図参照)
申込方法直接相談室に出向くか、看護師(下図の保健室に常駐)に申し込んでください。

○保健室でも相談に応じています。 8:35~17:25(月~金曜日)

事務室窓口

修学関係は教務部窓口で相談に応じていますが、学生部や国際交流センター窓口でも対応しています。

オリエンテーション

新入生を対象に、入学後まもなく「新入生学外オリエンテーション」を1泊2日で実施しています。ゼミ単位での討論会やレクリエーション活動等を通じて、他の新入生や教職員との交流を図ることにより、早く大学に慣れることができます。
2年生についても、年に1度、ゼミ所属学生同士及びゼミ所属学生と教員の交流を目的に、ゼミごとに学外研修会を実施し(内容はゼミにより異なります)親睦を深めます。

国際交流

急速な国際化の進展に対応した人材の育成を重視し、アジア(中国)、アメリカの大学と協定を結んで国際交流を行っています。海外短期留学などの相談に応じます。

留学生の修学支援

留学生についても修学支援は教務部が行いますが、まずは国際交流センターで相談することが解決の早道です。

共同研究室(大学院)

大学院生が自由に使える共同研究室があります。

長期履修学生 (大学院)

職業を持っているなどの理由により、大学院の標準修業年限(2年)を超えて、3年または4年間の期間で計画的に履修することができます。

長期履修学生 (学部)

職業を持っているなどの理由により、学部の修業年限(4年)を超えて、5年から8年間の期間で計画的に履修することができます。

社会人学生に対する育児支援

社会人が育児をしながら学修できるために、近隣の「めぐみ保育園」との協定により、一時保育サービスを優先的に提供してもらうこととしています。
詳しくはこちら