文字サイズ
※翻訳が不十分な場合もございます。
ご了承下さい。
学部・学科/大学院

学部・学科/大学院

経営法学科

経営法学科について

ph
経済の国際化、情報化、システム化は、地域企業を巻き込んで急速に進展し、高度な経営管理能力を必要とする一方、語学力、情報処理能力を備えた人材育成の要望も年々高まっています。さらには、今後の規制緩和の進展は、企業の自己責任の原則をより厳しく問うことになり、企業を取り巻く環境の変化をよく理解し、企業経営の実践に当たることが、現代の経営陣には必要不可欠な資質となっています。

経済学、経営学を中心に企業関連法学を体系的、有機的に教授することが喫緊の社会的要請として求められており、新たな経営法学の教育組織の創出が求められています。

本学科では、実践的語学力、高度な情報処理能力を具備し、経営学の専門知識のみならず、現代の「市場の規律」たる企業関連法学知識を深く理解し、実践的に体得した経営人材を育成することを教育目標としています。
経営法学科において取得可能な主要資格
○高等学校教諭一種免許状(商業・保健体育)○中学校教諭一種免許状(保健体育)
○スポーツリーダー○司書となる資格

経営法学科におけるコースの構成

学科コース教員免許状図書館学プログラム
経営法学科
経営・商学コース
高等学校教諭
一種免許状
(商業)

中学校教諭
一種免許状
高等学校教諭
一種免許状
(保健体育)
(スポーツ経営コースのみ)
司書
となる資格
ビジネス実務・秘書学
プログラム
(平成27年度まで開講)

スポーツ指導者養成
プログラム

キャリア支援
プログラム
※上記の表に記載されたスポーツ指導者養成プログラムにおいて、財団法人日本体育協会スポーツ指導基礎資格(スポーツリーダー)を取得するための多彩な科目群は本学科を中心として開講されています。

経営・商学コース

経営・商学コース
経営学系及び会計学系の科目を中心に学習するコースです。

将来の進路としては、一般企業の経営・管理部門、会社の経営者などが考えられます。

法学コース

法学コース
法学系・経営法学系の科目を中心に学習するコースです。

将来の進路としては、国家・地方公務員や公的セクターの職員などが考えられます。

スポーツ経営コース

スポーツ経営コース
経営学系・スポーツ経営系科目を中心に学習するコースです。

将来の進路としては、社会体育における専門的指導者、民間スポーツクラブのインストラクター、スポーツ関連企業や団体への就職、保健体育の教員などが考えられます。

経営法学科としての教育への取り組み

学科長 藤田康雄教授

学科長のメッセージ(学科長 藤田康雄教授)

本学の教育目標は、専門性と同時に教養ある社会人の育成、国際感覚と語学力、情報処理能力を身につけ、実践的な専門知識、豊かな創造性、柔軟な問題解決能力を備え、地域社会に貢献できるような、人材の育成であります。
本学のこうした教育目標のもとに、経営法学科は、コンプライアンス、いわゆる遵法精神・法令順守を身につけ、「市場の規律」を理解した人を育てるために設けられた学科です。
このような人材を育てあげるために本学科は次のような四つのコースを設けております。それは、経営・商学コース、法学コース、スポーツ経営コース、福祉経営コースです(福祉経営コースは平成22年度以前の入学者対象)。
前二者は以前から設けられていたコースですが、そのうち経営・商学コースは一般企業の経営・管理を希望する人に適しているでしょうし、法学コースは国・地方の公務員や公的セクターの職員、司法・行政書士を望む人には向いているでしょう、後二者は18年度に社会の要望の下に設置されたコースでありまして、スポーツ経営コースはスポーツに関わる経営を理論的・実践的に学び、スポーツビジネスやスポーツ指導員の資格などが取得できますし、福祉経営コースは社会福祉関係について学び、福祉事業団、福祉施設、各種NPOなど志す人に適していることでしょう。
私たちは、このような教育課程つまりそれぞれのコースで学習することによって、遵法精神が養われ、法令順守の重要性を意識することとなり、「市場の規律」を理解した人間になっていくものと信じ、このような人間を育てることによって地域社会に貢献できるものと確信いたしております。

学生諸君へのメッセージ

最近話題になっております、社会人基礎力を身につけていただくように取り組んでおります。
社会人基礎力というのは、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」を備えた人を意味します。
「前に踏み出す力」とは失敗を恐れずに一歩前に踏み出し、粘り強く取り組む力であり、「考え抜く力」とは疑問・興味をもち考え抜く力を意味していますし、「チームで働く力」は多種多様な人とともに共通の目標に向かって協力し、努力する力です。
本学科では「生き抜く力」といっておりますが、学生諸君にこのような力を身につけてもらえるように指導をいたしております。
本学科で生き抜く力を養成して、社会生活を有意義に過ごしませんか。

ピックアップレクチャー

[政治学] 高橋 秀憲教授

高橋 秀憲教授
未曾有の大災害を挟んだ政権交代や今なお行方の定まらない政治機構改革、選挙権年齢の引き下げなど、政治の世界は目まぐるしく変化している。我々はこのような変化にどう対処したらいいのだろうか?
本授業では、新聞・テレビ等マスコミに報道される政治問題の論点を理解し、説明できることを目標に、現代社会に生きるわれわれと政治との付き合い方を考える。

[トレーニング科学Ⅱ] 伊藤 潔准教授

伊藤 潔准教授
スポーツ指導者には、身体機能を高めるための科学的なトレーニングに関する専門的な知識と指導技術が必要である。
本授業では、トレーニングの内容とその計画・評価に関する理解のほか、年齢に応じたトレーニング方法や、体力テストの内容と測定方法について学ぶ。

[労務管理と法] 廖 海濤准教授

廖 海濤准教授
企業が従業員を使用する限り、法律に則った労務管理が必要となる。企業の管理者は、従業員の質的向上を図る観点からも適切な労務管理に努めなければならない。
本授業では、労務問題の検討を中心に、労務管理に必要な法律事項を学ぶ。
※各教員の研究業績については「教員の研究業績等」をご覧ください。

カリキュラムについて

経営法学科において、カリキュラムを構成する専門科目は下記のとおりです。
選択科目は主なものを掲載しています。
それぞれの、授業内容(特長・目標など)を検索するには、「アイアシスタント」をご利用ください

専門科目一覧

基礎科目
経営学概論
法律と経済
経済学概論
簿記原理
民法(総則)

基幹科目…主なものを掲載
法学概論
財務管理論
資本市場の役割と証券投資
経営法学概論
商法総則・商行為法
民法(物権)
民法(債権総論)
情報倫理
経営管理論
経営組織論
会計学原理
会社法
手形・小切手法
プログラミング
スポーツ経営コース科目
人間科学と管理
学校保健
運動学
スポーツ統計学
運動生理学
体育原理
衛生学・公衆衛生学
スポーツ心理学
スポーツ社会学
体つくり・器械運動
スポーツ行財政論
スポーツ経営学
スポーツ法学

※保健体育教員免許希望者はこの他に体育実技を履修することになります。
展開科目(主なものを掲載)
トレーニング科学
スポーツ医学
スポーツコンディショニング
スポーツ栄養学
スポーツ指導論
スポーツ産業論
スポーツマーケティング論
マーケティング論
観光産業論
租税法
サービス経営論
国際経営論
企業文化論
オペレーションズ・リサーチ