文字サイズ
※翻訳が不十分な場合もございます。
ご了承下さい。
学部・学科/大学院

学部・学科/大学院

学部共通教養教育

富士大学の教育のしくみ

富士大学の教育は、教養教育から専門教育へと積み上げるしくみを整えています。

授業風景
富士大学の教育は、教養教育から専門教育へと積み上げるしくみを整えています。
経済学部に入学すると、4年間の修業年限で経済学を修めるカリキュラムが用意されています。
教養教育には、専門的学問に必要な基礎力を高めるために、各学科に共通して必要な科目「学科共通基礎科目」「教養科目」があり、1年生から学びます。
専門教育では、所属する経済学科、経営法学科、経営情報学科のそれぞれに応じた特色のある専門科目を履修することで、専門的な知識を習得し、社会の第一線に立つ資質を身につけます。教養教育,専門教育を修めて学位を取得します。

学科共通基礎科目

外国語科目、情報処理科目、教養演習があります。

外国語科目

サンプル画像1
国際化社会を視野に、世界の代表的言語である、英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から選択できます。

情報処理科目

サンプル画像2
高度情報化社会に対応してコンピュータリテラシー(情報処理演習)を学び即戦力の社会人を目ざします。

教養演習

サンプル画像3
担当教員の指導を受けながら、ゼミナール形式で 研究の基礎的な力を習得します。一般教養をはじめ、 教員の専門的な研究テーマや研究の実際に触れる機会になります。研究テーマの設定、文献や現地の調査、分析、考察に取り組んで論理的な考え方やまとめ方を学び、発表や議論をとおして思考を深め、情報機器などを用いて効果的な説明方法も学びます。
また、ゼミの学友や教員との親睦を深める機会もあり、充実したキャンパスライフを経験します。

教養科目

サンプル画像
一般教養として履修する科目です。「文化の受容と伝達」、「現代社会の基本構造」、「現代科学と環境」の科目群と「体育」を教養科目としており,豊富な科目の中から選択して履修することができます。