文字サイズ
※翻訳が不十分な場合もございます。
ご了承下さい。

市民セミナー

日程等の変更のお知らせ

令和3年の富士大学花巻市民セミナーについては、県内での新型コロナウイルス感染拡大の状況により、会場の利用に制限が出たため、日程その他が変更になっています。
■9月15日から開催予定でしたが、第1日目を10月6日として10月と11月の間で開催することといたしました。
■花巻・北上両市民セミナーとも受講者の人数制限をしております。今年は事前予約が必要です。

事前予約やお問い合わせは下記へお願いします。
事前予約・お問い合わせ先
花巻市民セミナー花巻市生涯学習課電話:0198-41-3587
北上市民セミナー北上市生涯学習文化課電話:0197-72-8303

市民セミナー

富士大学附属地域経済文化研究所では、活動の一環として毎年、花巻市と北上市において一般の方々を対象にした市民セミナーを開講しております。
詳細は下記をご参照ください。
(例年、8月ころにその年のセミナー詳細を掲載する予定です。)
統一テーマ
「コロナ禍の先にあるもの-新たな時代への展望-」
2020年3月に世界保健機構が新型コロナウイルス感染拡大をパンデミックと宣言して早や1年以上が経ちます。
いわゆるコロナ禍は、いまだにその収束をみていません。
医療現場のみならず私たちの社会経済活動そして生活全般に生じた混乱は、感染者増加のペースは落ちたとはいえ、現在もなお続いています。
一方で近時、世界的にワクチン接種の加速化が進み、ようやくその収束に向け光が見え始めたともいえます。
顧みますと人類の歴史は、常に未曽有ともいえる事態に直面しながら紡がれてきたものといえましょう。
人は困難を克服するなかで、見えなかったものあるいは考えられなかったことに気づき、その時どきの世界と自己の認識を新たにしていくものです。
その意味でコロナ禍の経験は新しい時代の扉を開く鍵となるものなのかもしれません。
6名の本学教員から話題を提供しながら考えてみたいと思います。

令和3年度 第38回富士大学花巻市民セミナー

(花巻市と共催)
実施日時令和3年10月6日、13日、20日、27日、11月10日、17日(全て水曜日)
19時~20時30分(なお、第1回目のみ開講式のため18時45分~20時30分)
会場花巻市生涯学園都市会館 第1中ホール(2階)
実施講義回数6回(6講義)
統一テーマ「コロナ禍の先にあるもの-新たな時代への展望-」

日程・講師・題目

(1)10月6日(水)
   遠藤元治教授 「人新世・地域脱炭素時代のエネルギーと環境」
(2)10月13日(水)
   影山一男教授 「世界経済の現状と展望」
(3)10月20日(水)
   高橋秀憲教授 「個人の誕生の意外な側面」
(4)10月27日(水) 
   柳田久弥教授「情報化の進展と社会」
(5)11月10日(水)
   佐々木裕教授 「時代をつくる音楽の力」
(6)11月17日(水)
   吉田哲朗教授 「経済社会の変化と企業活動」


令和2年度 第35回富士大学北上市民セミナー(令和3年度分は後日公開)

実施時期令和2年11月(全4回)
(11月16日、17日、19日、20日)18時30分~20時
会場北上市生涯学習センター
実施講義回数4回(4講義)
統一テーマ「私たちの社会の課題を考える -コロナ禍を契機としてー」

日程・講師・題目

(1)11月16日(月) 
 藤原忠雄教授
「科学技術の発展-その光と影-」

(2)11月17日(火)
 木村毅教授
「異文化交流から多文化共生へ」

(3)11月19日(木)
 菊池豊教授
「マスメディアと社会-通信社の役割-」

(4)11月20日(金)
 佐々木義孝教授
「震災と教育」