文字サイズ
※翻訳が不十分な場合もございます。
ご了承下さい。
大学院

大学院

大学院案内

修士論文題目

修了生の修士論文題目をご紹介いたします。

平成27年度修了生

◆資産負債アプローチから捉えたポイント取引
 --新しい会計処理の提案--
◆中国のシャドーバンキングについて
◆中国の不動産産業について
◆淘宝の秘密
◆役員給与課税についての一考察
-役員給与の損金不算入(法人税法34条)を中心として-
◆所得税における交際費の問題
◆企業の成長の研究
-バーチャル化した会社の検討を中心にして
◆高次元データの統計的方法論
◆競争情報戦略の研究
―M・E・ポーターの『競争の戦略』とM・E・ポーターとヴクター・A・ミラーによる「情報をいかに競争優位につなげる」に基づく競争情報戦略の予備的な検証
◆交際費課税制度に関する一考察
◆相続税法 7 条に関する一考察
― 不確定概念である「著しく低い価額」を中心として ―
◆有形固定資産の減損会計に関する一考察
-減損の戻入れを中心として-
◆リース会計に関する一考察
―オンバランス化の問題点を中心として―
◆金融の証券化について
◆所得税法における必要経費に関する一考察
-給与所得の実額控除にむけて-
◆中小企業会計情報の信頼性に関する一考察
◆無対価適格合併に関する一考察
-「一の者」要件緩和の是非-
◆高齢社会においてQOLの高い日常生活を過ごすための方策に関する研究
―高齢者のレジスタンストレーニングとしてのペダリング運動の筋電図による評価を主として―
◆繰延税金資産の回収可能性について
◆相続財産の土地を譲渡した場合の譲渡所得課税に関する一考察
◆従業員の利益の保護を重視した退職給付会計のあり方について
◆事業再生局面における債務免除益課税に関する一考察
―私的再生時における課税の是非を中心として―
◆自己株式取引に係る課税上の問題について
-発行法人を中心として-

平成26年度修了生

◆中国の人民元為替レートの変更が、中国の対外貿易におよぼす影響について
◆フランチャイズ研究の態様:徳永豊と浅井慶三郎による所論の検討
◆中小企業における職業資格の検討
―「中小企業における職業資格の活用と機能」と「職業資格の効用をどう捉えるか」及び職業分類上の資格とその運用の検討を焦点にして―
◆日本のホテルの近代化と発展
◆中国第一自動車におけるトヨタ自動車の生産戦略について研究
--大野耐一、李春利、韓亮・清水耕一、J・K・ライカーの見解を利用した検討--
◆中小企業会計の信頼性と内部統制
◆「我が国におけるデット・エクイティ・スワップに関する一考察
 -債務消滅益に対する課税問題の是非を中心に」
◆企業による社会活動支援のための寄附金税制に関する一考察
◆「収益の認識と情報提供の客観化
 ―工事進行基準を中心論点として―」
◆研究開発費の会計処理を巡る一考察
--資産計上化の妥当性を争点として--
◆現行租税法における否認規定の限界
~同族会社の行為計算の否認規定(法人税法132条1項)を中心として~
◆国際取引における租税回避行為に関する研究
国際間租税回避行為の否認と多国籍条約についての一考察

平成25年度修了生

◆世界金融危機と日本経済
◆中国の外貨準備について
◆所得税における必要経費に関する諸問題
-通常性要件を中心として-
◆為替レートの決定論についての一考察
◆資産除去債務における会計処理に関する一考察
―資産負債両建処理法の妥当性―
◆人的控除についての一考察
―人的控除の簡素化と税額控除への移行について―
◆運動時の精神的ストレスの評価に関する研究
◆債務確定主義に関する一考察
―税務上の見積計算の可能性と必要性について―
◆質問検査権のあり方について
◆租税法規不遡及の原則と遡及立法
―遡及立法が認められる許容範囲についての一考察―
◆親族による共同事業の所得認定についての一考察
-今日的な個人単位課税の実現を目指して-
◆合同会社(日本版LLC)の課税のあり方についての一考察
◆債権譲渡担保をめぐる国税徴収法24条と租税債権の優先劣後
◆小売業ウォルマートの成長についての研究
―サム・ウォルトンの前半生に即した一考察―
◆有形固定資産の減損会計
―資本維持の観点から―
◆相続税の課税方式に関する一考察